1. HOME
  2. イベント
  3. インドア
  4. 春のプラネタリウム 2021年4月1日(木)~5月30日(日)

春のプラネタリウム 2021年4月1日(木)~5月30日(日)

2021年4月1日(木)~5月30日(日)
※投影日は、土、日、祝日、春休みの平日
世田谷区立教育センター
「春のプラネタリウム」

世田谷区立教育センターの1Fにあるプラネタリウム。
1億4千万個の星が見える最新鋭の設備のなかで
快適に星空を楽しむことができます。
センター内には図書館やカフェも併設されています!

4月~5月の一般向け投影プログラム
「星空の生解説+オリジナル番組」をご紹介します☆

開催日

2021年4月1日(木)~ 5月30日(日)
※投影日は土・日・祝日、および春休み期間中の平日

◆4月の投影日
1日~5日、10日、11日
17日、24日、25日、29日

◆5月の投影日
1日~5日、8日、9日、15日
22日、23日、29日、30日

休館日

第3日曜日

開館時間

教育センター開館時間 9:00~19:00
※月曜・祝日は9:00~17:00

会場

世田谷区立教育センタープラネタリウム
センター内1F
(世田谷区弦巻3-16-8)

最寄駅

◆電車
世田谷線上町駅下車 徒歩10分
田園都市線桜新町駅下車 徒歩10分
◆バス
弦巻営業所下車 徒歩1分
松が丘交番前下車 徒歩5分

Googleマップ

世田谷区立教育センター プラネタリウム

観覧料

おとな(高校生以上)400円
こども(小学生・中学生)100円
※障害者手帳をお持ちの方は半額、その介護者1名は無料
※小学生未満、および土・日、祝日の小・中学生の観覧料は無料

プログラム

「春のプラネタリウム」
星空解説+オリジナル番組 (約1時間)

リーベルタース天文台だより
~春の星座の物語~

【午後1:30~】
地図にものらない小さな国の、そのまた端っこにある、リーベルタースの森。
森の天文台には、星座のお話を聞きに子供たちが集まっています。
今回は、春の星座の「ヘルクレスの怪物退治」です。
勇者ヘルクレスがライオンやヒドラといった怪物たちを退治するため、冒険に出かけます。

バーチャル古書店 天空堂
~星空の役割と歴史~(字幕付)

【午後3:30~】
星座の起源は、古代メソポタミア文明にあったと考えられています。
当時の人々にとって星座は、季節や時刻・方位を知るため、また、個人や国家の運勢を占うために欠かせない存在でした。
その後、星座はギリシャ神話と結びつき、様々な変遷を経て今に至っています。
バーチャル古書店・天空堂では、古代の史料に記された星座や星座と結びついた神話、さらに宇宙での星々の広がりを、見たり体感したりすることができます。

世田谷区URL

世田谷区立教育センタープラネタリウム

お問合せ

世田谷区立教育センター プラネタリウム
TEL. 03-3429-0780

移動支援サービスのご希望は、各担当責任者までご連絡ください。

COMING

今後のイベント | インドア