サニー・けあサポートホーム会社概要お問い合わせリンク個人情報保護方針サイトマップ
  介護保険サービス
 
小さくする大きくする

介護保険 訪問介護サービス

介護保険を利用し、当社のホームヘルパーがご家庭を訪問して、入浴や排泄・食事などの様々な介護、そして、炊事・洗濯・掃除などの日常生活の援助を行い、住み慣れたご自宅での自立した生活をサポートするサービスです。
「要支援」あるいは「要介護」の認定を受けておられる方が、ご利用いただけます。
詳しい介護区分はこちらをご参照ください

サニー・けあサポートは、高齢者が「おいしく楽しい食事」ができるよう、食事の演出や形状に工夫をこらし、栄養補給のためだけでなく、体に優しい食事を考案し、提供しています。
入浴や外出などの介護では、 高齢者が安心して快適な時間が過ごせるよう、基本を守り、安全対策の徹底に努めています。


サービス方針

自立を支えます

今までの習慣をできるだけ維持し、自立した生活を送っていただけるようサポートします。

本人の考えを尊重します

ご本人の意思を確認しながら、可能な限り「自己決定」をしていただけるよう心掛けます。

コミュニケーションを大切にします

普段の会話などから気持ちの理解を深め、コミュニケーションのある温かい介護へとつなげていきます。


サービス内容

身体介護

日常的な介護を必要とする方のために、 身体の介護をします。

食事の介助、床ずれの予防、体位変換
トイレ・おむつなど排泄の介助
入浴の介助、身体の清拭、更衣の介助
外出の介助(車イスによる通 院・散歩)など

生活援助

お一人でお暮らしの方や、ご本人やご家族が
家事を行うことが困難な場合に
日常生活の援助をします。

食事の支度、お部屋の掃除
衣類の洗濯や補修、買い物、布団干し
薬の受け取りなど



介護予防訪問介護(要支援1または2に認定された方)

「買い物に自力で行くことができない」「家事など自力で十分にできない」方に、ホームヘルパーが家庭を訪問し、サービスを行います。 利用者様の介護を要する状態の軽減、または悪化防止のための日常生活支援です。

           

▲ページトップへ

ご利用までの流れ

介護が必要になったら

介護が必要になったら、介護保険サービスを利用するための手続きが必要です。
まずは、お気軽にご相談ください。

申請からサービス開始まで

申請

各市区町村の介護保険課または介護保険担当窓口へ申請書を提出します。
申請できる方は、ご本人・ご家族です。

調査員による訪問調査

市区の職員や介護支援専門員(ケアマネジャー)など介護の専門知識を持つ調査員が自宅等へうかがい、本人の状態などを、全国共通の調査票に基づいて聞き取り調査します。
調査員の調査結果はコンピュータによって判定され、主治医の意見書も作成されます。

審査・判定

コンピュータ判定・医師の意見書をもとに、介護認定審査会でどのくらいの介護が必要か(要介護度)を判定します。

介護認定審査会は、保健・医療・福祉などの専門家によって構成されています。

 


認定・通知

申請から原則30日以内に要介護度の認定・通知がされます。 必要な介護の度合いに応じて要支援・要介護の7段階に区分され、利用できるサービスの量などが決まります。

*緊急を要するときは、申請の日から必要なサービスをご利用になれます。

▼要介護区分ごとの状態の例

要支援1 日常生活を遂行する能力は基本的にあるが、 浴槽の出入りなどに一部介助が必要な方。
要支援2 従来の要介護1のうち改善する可能性が高い方。
要介護1













立ち上がりや歩行などに不安定さがみられることが多い。排泄や入浴などに一部介助が必要。
要介護2 立ち上がりや歩行など自力ではできない場合が多い。排泄や入浴などに一部介助または全介助が必要。
要介護3 立ち上がりや歩行など自力ではできない。排泄や入浴、衣服の着脱などに全面的な介助が必要。
要介護4 日常生活を遂行する能力はかなり低下しており、排泄や入浴、衣服の着脱などに全面的な介助、食事摂取に一部介助が必要。
要介護5 日常生活を遂行する能力は著しく低下しており、生活全般にわたって全面的な介助が必要。
自 立
(非該当)
介護保険でのサービスは受けられませんが、自治体独自のサービスを受けられる場合があります。


サービス計画の作成

要介護度に応じて介護支援専門員(ケアマネージャー)が本人や家族の希望をふまえて、区や介護サービス提供機関などと連絡調整しながら、サービス計画を作成します。
*居宅サービス計画は自分で作成してもよいことになっています。



 

サービスの利用開始

ご希望の時間帯とサービスの内容を確認の上ご契約を行い、サービスを開始いたします。
サービス内容や回数は利用途中でも変更ができます。
※自己負担額は利用料の1割です。

 



▲ページトップへ

ご利用料金

* 介護保険の給付サービスを利用する場合は原則として基本料金の1割負担です。

* 介護保険給付の範囲を超えたサービス利用については全額自己負担となります。

* 利用地域により利用金額が変わります。

<東京都世田谷区(1級地、処遇改善加算T)のご負担額目安>

サービス内容 20分以上
30分未満
30分以上
60分未満
60分以上
90分未満
90分以上
身体介護 ¥192 ¥286 ¥453 ¥658
サービス内容 20分以内
45分未満
45分以上 身体30分+生活50分の場合 身体120分+生活50分の場合
生活援助 ¥214 ¥265 ¥461 ¥944

『平成24年4月1日改定』

* 夜間(18:00〜22:00)早朝(6:00〜8:00)は、25%増し、深夜(22:00〜6:00)は50%増しとなります。

* 上記料金設定の基本となる時間は、実際のサービス提供時間ではなく、居宅サービス計画に定められた目安の時間を基準とします。

* やむを得ない事情で、お客様の同意を得て2人で訪問した場合は、2人分の料金をいただきます。

* 初回のサービス提供責任者のサービス(または同行)は、225円が加算されます。

* 介護処遇改善加算Tとして、毎月算定した総単位の4%分の1割負担金をいただきます。

* 料金は、交通費を含みます。ただし、対象エリア(世田谷区、狛江市)以外は、別途交通費が必要になります。詳しくは、お問い合わせください。

お問い合わせ