重度訪問介護従業者
養成研修
(旧日常生活支援養成研修)


重度障害者の介護業務に関する知識・技術の取得を目的とします。
課程履修後は、重度訪問介護従業者養成研修 基礎過程・追加課程(厚生労働大臣指定)の修了証書が交付され、重度障害の方々の介護業務に従事できます。
 

研修課程

1)基礎過程(座学+演習 実習):約20時間程→修了後は、重度障害区分5までの方の重度訪問介護に従事できます。
2)追加課程(座学+演習 実習):約10時間程→修了後は、重度障害区分6までの方の重度訪問介護に従事できます。
 

研修日数

基礎過程〜追加課程修了まで、おおよそ3、4日です。短期間で資格取得ができます。

受講料

研修を実施している事業所により前後しますが、追加課程修了まで、おおよそ1万円〜2万円です(テキスト代含む)。

現在、介護に関わる資格がない、介護の経験がないという方も、介護の仕事に興味がある、今後は取り組んでみたいと思われる方は受講可能です。

当事業所は、重度障害者(区分5、6)の利用者様も多く、重度訪問介護従業者の資格を活かすことができます。

こちらの研修に興味をお持ちの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
サニー・けあサポート(TEL:03-5438-5410)
詳しい研修内容や研修実施場所等のご案内をさせていただきます。

                          ⇒サニー・けあサポート ホームへ戻る